あわしまマリンパーク

みんなの日記

みんなの日記

激写!大水槽の隠れ上手

皆さんこんにちは!
お魚担当マサキングです!!

3ヶ月ぶりの更新、久々で書くことを忘れそうでしたが、
淡島水族館は日記を書くことにあまり困らない(褒め言葉です)水族館なので、
今回は僕が見た、驚きのシーンを紹介したいと思います。



淡島水族館の大水槽には一番大きなコブダイをはじめとして、卵を口内保育するクロホシイシモチ、お掃除屋さんホンソメワケベラなどたくさんの魚がいます。

そんな中で、普段隠れていて見ることができたらラッキーなお魚がいます。

それがこちら

null

ホタテウミヘビです。
ウミヘビと言っても、ヘビの仲間ではありません。れっきとした魚の仲間です。
淡島周辺の海にも生息していて、砂や泥底に身を潜めて生活しています。

そんなホタテウミヘビ、夜の時間帯に活発に動くため、昼間に観察しにくいと言う難点があります。昼間は顔だけ出していることもしばしば。

null

夜中、水族館の見回りをしているときに「あ、いた」なんてことはよくあります。


ただ、あの日は偶然にもホタテウミヘビが昼間に大水槽の中を泳いでいたのです。
「これは!」と思ったマサキング。すぐさまスマホで撮影開始。ホタテウミヘビが潜る様子を撮影開始です!

null

ホタテウミヘビ、まずは尾部から入って行くようです。
ここから、

null

ずずずいーっと入って、

null

あともうちょっと!
胸鰭たたんでます。可愛い。

null

いなくなりました。

この間なんと20秒ほど。見ていた僕には一瞬に感じました。
こんなに綺麗に入っちゃうなら、見えなくなるのも納得ですね(笑)

こんな風に、面白い動きを見せてくれるホタテウミヘビですが、最初にも書いたとおり、見れたらラッキーです。
もし、淡島水族館に遊びに来るときは、大水槽で探してみてくださいね!


今回はココまで!
バイバイ!!

19/07/03:飼育員ブログ

コメント

コメント (0)

コメントを書き込む

PAGE TOP